私たちのこだわり

いまの世の中、たくさんの情報に溢れています。

何が書かれているか以上に、何が書かれなかったか、という部分が大切なのではないかと思うようになりました。
書かれなかった部分にこそ、自分たちで想像できる余白が生まれるのです。

私たちは、産地と風味の情報を “最初に” 提示しないことに決めました。
どんな場所で育てられたのか、そしてどんな味がするのか、想像できる余白を残したかったから。

実際に自分で珈琲を淹れて、飲んでみてからちょっと想像してみる。
そのあと、答え合わせのように産地や風味の情報を見たほうが、ほんの少し豊かな体験なのではないでしょうか。
それは美術館で解説を読む前に作品を見た方が、ありのままの自分の感性で作品と向き合えることに似ているように思います。

適切な解釈であるかどうかや、付属の説明文に納得できるかどうかではなく、
認識に縛られず自分がどう感じるかという、あなたの感性を大切にしていきたい。

  


生豆を取り扱う基準

・「どこで誰がどんな風に育てたか」がわかるもの
・環境や地域コミュニティに配慮されたもの
・その土地で育った風味がすること
・品質の良いもの
・生産者に対して適切な対価が支払われているもの

大切に人の手で育てられたモノには、温かなエネルギーが宿っています。自然の力、人の想い。農園の方々が丹念に育ててくれた珈琲を、皆さまに届けたい。それには、作り手やその背景がきちんと見えることが大切です。心地よく、納得して珈琲をお届けするために、私たちの珈琲へのこだわりは欠かせません。


焙煎で大切にすること

・素材の良さを引き出す
・その豆の個性を消さない
・飲みやすいバランスに整える
・注文を頂いてから焙煎する
・データ、生豆の適切な管理を徹底する

自分の想像を超える珈琲に出会いたい。ただその好奇心と愛情が、珈琲をおいしくする秘訣なのかもしれません。珈琲は土壌や標高の違い、品種や精製する方法によって全く異なる味わいになったりして、本当に面白いんです。農園の皆さんから届いた素材の良さを引き出し、決して消さないように、心地良く整えることを焙煎で一番大切にしています。


私たちの珈琲のこと

『温かさが感じられる珈琲って、どんな珈琲なんだろう』
と、ずっと考えていました。きっと、”おいしい”だけでは足りないのでしょう。

たとえば温かさが感じられる器。それは、”機能性に優れて使いやすい” だけでは足りないのでしょう。むしろ機能性に優れていなくてもいいかもしれません。歪な形で、使い辛くてもいい。失敗だったとしても、それもいい。

温かいと感じられるかどうかは、もっと前に決まっていることなのかもしれませんね。そこに携わる人たちや想い、その素材やこだわりについて。それぞれの、”形” になるまでの背景こそが大切なのだと思います。

“おいしい”かどうかに関わらず、誰か大切な人のために淹れた珈琲が、とっても温かくておいしいのと同じように。

私たちの珈琲も、ただ”おいしい”だけでなく、そんな温かさが感じられるよう心を込めてお届けします。

online shop

 城崎という街 >


sieca

店舗はございません
お問い合わせはメールにてご連絡ください
mail:info@sieca.jp
オンラインストアはこちらから